まちなみ風の和服・着物の帯の柄 見つけました

この絵は何でしょう。かわら屋根のようです。昨日の茶会で遭遇しました。

かわら屋根のの絵 中央左右に走るのは建物の棟

これは女性の着物の帯の柄です。まちなみを象徴している柄なので写真を撮らせてもらいました。

着物を着ている女性と一緒に撮るとこういう感じ

茶会の楽しみの一つは女性の帯の柄を見ること。人間の好みも多様化しているし、茶会には季節やテーマがあるので、参加の女性たちは社中(おもてなし側)もお客側もいろいろ悩んで着物と帯を決めるようです。無難なのは花鳥風月。また四季の草花の柄で年中使える柄もあるようです。6月の新宿茶会の解説には「鮎」が出てきます。鮎のデザインの帯を持っているとのスタッフがいるので是非来てくれるようにお願いしています。

帯の正面の柄では屋根の棟木が縦に通っていました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です